倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています。 WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

倉敷医療生協WEB機関紙

「2017年11月号」(NO.0585)
  • 前月号を読む

健康まつりへ行こう!

まつりで出会い・つながり・健康づくり

出会いと発見も

 今年の健康まつりは「健康づくり」に役立つテーマが満載です。
 「フレイル予防」、「筋力アップ」、「正しい歩き方」、「認知症予防」、「100歳体操」など、多彩な内容で準備がすすんでいます。
 会場では祭りに定番のおでん、焼き鳥などの出店や日ごろ組合員のみなさんが取り組んでいる舞踊や民謡、太極拳、ダンスの発表、地元中学校のブラスバンドやキッズダンスチーム、和太鼓の演奏も楽しむことができます。また、地域で協働して活動している団体の方との交流もできます。「健康づくり」の活動から「つながり」が生まれて、「まちづくり」の活動につながっていることを実感できる楽しいまつりです。

会場で肝炎検査も

 今年の健康まつりで見逃せないのは、「水島健康まつり」と「玉島健康まつり」会場で岡山大学病院肝疾患チームの参加があり、健康まつり会場で肝炎ウィルス検査を受けられることです。
 肝疾患チームは正しい肝炎知識の普及や差別・偏見の解消、肝炎ウィルス検査の受検促進のスペシャルチームです。
 対象は倉敷市に住民票のある方で、これまで一度も肝炎ウィルス検査を受けたことがない方になりますが、この機会にぜひ検査を受けられてはいかがでしょうか。

交流する楽しさも

 各地の健康まつり会場には、支部組合員の出店の他にも地域で協働して活動している社会福祉協議会や高齢者支援センター、NPO団体や地元町内会、老人会など幅広い参加があり、顔を見ながら情報交流や相談ができる、すてきな機会となっています。  みなさんぜひさそい合ってお出かけください。

写真説明文 ほら、みんなで集うと笑顔いっぱい<br />(コープリハ・あかねまつり)

無料肝炎検査イベント2017 in健康まつり

無料で肝炎ウイルス検査を実施します!
ぜひ、検査を受けられてはいかがでしょうか★

水島会場:11月12日(日)
玉島会場:11月19日(日)
主催:肝疾患診療連携拠点病院 岡山大学病院

初まつりに1500人
─ コープリハ・あかね ─

雷鳴のように響き渡る和太鼓水島灘源平太鼓 カラフルな衣装をまとい躍動感とかわいらしさを表現したキッズダンス

 移転後初めてのコープリハ・あかねまつりが、9月16日開催されました。台風の接近による悪天候のなか、屋内2階フロアーでは地元、千鳥福崎連合町内会林親宏会長のご挨拶をはじめ、水島灘源平太鼓の演舞・キッズダンス・倉敷古城池高校吹奏楽部の演奏と続きました。身体が震えるような和太鼓の響き、リズムと鮮やかな衣装・表情がマッチしたダンスに目を奪われ、誰もが知っている親しみやすい曲に懐かしさをおぼえ、思わず口ずさんだ吹奏楽演奏でした。
 100歳のご長寿を祝うコーナーでは、12人の中から代表の方にお祝いを受け取っていただきました。
 一方、屋外に並んだテントと一階フロアーではきずなの会や職員による模擬店が出店され、フリーマーケットやから揚げ、お好み焼き等が並びました。
 患者・利用者のご家族やボランティアの方々、地域の皆様方を含め、総勢1500人近くの方々にご来場いただきました。地域の方々に当院を知って親しんでいただく良い機会となりました。

(実行委員長 岡本利恵)

倉敷古城池高校吹奏楽部の演奏で会場が一体に 100歳の長寿を祝う品を受け取る代表

林  親宏 千鳥福崎連合<br />町内会会長

来年も再来年も

 コープリハ・あかねまつり開催に当たり、スタッフのみなさまには、イベントの依頼や屋台の計画など、準備は大変であったことと思われます。 コープリハビリテーション病院・老健あかねが、当千鳥町に移ってきて第1回目のおまつりの開催を地域も楽しみにしていたところでした。
 折しも台風18号の接近により急遽、屋内に会場を移し行われました。
 2階の理学療法室をメイン会場に1階廊下に屋台コーナー、病院の軒下付近の駐車場にはテントの下に焼き鳥、お好み焼き等の店が賑わっていました。
 2月にオープンし、地域に違和感なく溶け込み、高齢化の進む中無くてはならない施設です。これからも高齢者の地域の支えとして見守っていただきたいと思っています。
 地域の方々が楽しみにしていた今回のコープリハ・あかねまつりが天候の都合により屋内開催となり少し残念なところでありますが、来年再来年と続けていただけますよう、またいつまでも元気でお過ごし下さいますことを念じています。

厚労大臣から表彰

杉山信義名誉院長

 厚生労働省において9月8日、杉山信義名誉院長が、倉敷医療生活協同組合水島協同病院での長年の医療活動を讃えられ、救急医療功労者として厚生労働大臣表彰を受賞しました。

新見で平和の鐘

平和を願って鐘つき

 新見9条の会は、毎年9月9日の午前9時から9つの鐘つきを行なっています。今年は、昨年の戦争法の強行、憲法改悪の動きなど「2度と戦争をしてはいけない。憲法を守ろう。」との思いを強め、鐘つきを行ないました。
 9寺院で鐘つきにご協力を頂き、9条の会員、お寺の近くの方、憲法を守ろうとの思いの方など、76人が参加し、しっかり鐘をつきました。

職場紹介
─ こんにちは デイサービスセンター レインボーです ─

手づくり看板の前で記念撮影
まるで定食屋さん

 倉敷医療生協唯一のデイサービスです。連島1丁目にあり、月曜から土曜まで元気な声があふれています。
 レインボーでは、利用者個人のニーズにあわせて一人ひとりに合ったサービスの提供を心掛け、満足度の向上に日々努力しています。
 中でも昼食は、メニュー12種類から選んで頂く「定食屋さん」方式が大変喜ばれており、季節に合わせたメニューにも取り組んでいます。
 歩行訓練では季節の花や、みんなで育てた野菜の成長を感じながら広い敷地を歩くので、会話も弾み自然と笑顔が増えます。
 利用者の1日定員は29人で、要支援1の方から要介護5の方まで様々な方にご利用いただいています。その中に満100歳以上の方が3人おられ、私たちスタッフや他利用者の人生の目標となっています。
 これからも利用者・家族の方に喜ばれるデイサービスを目指して、スタッフ20人全員で頑張ります。

研修医日記

班会で健診結果を説明する<br />藤本勝士研修医

できることが増える実感

研修2年目の藤本勝士です

 現在外科研修中です。指導医のサポートを受けながら、手術前の検査や手術の方法について、手術後の傷の回復までの管理など、たくさんのことを学んでいます。あわただしくはありますが充実した毎日を過ごしています。
 手術もできる範囲で担当させてもらい、少しずつですが「できることが増えている」という実感があります。
 思い起こせば、去年の4月には右も左も分からないような状態で不安まじりの研修を開始し、毎日あたふたしていました。その頃とくらべると、「落ち着いて物事を考えられるようになってきている」と実感しています。
 これから産婦人科研修・精神科研修と外部での研修となります。限られた時間で少しでも多くのことを学んだ上で、患者さんに寄り添い、しっかりとした医療を実践していきたいと思います。今後ともよろしくお願い申し上げます。

健康まつりスタート

会場いっぱいあふれる笑顔

 各地域での「健康まつり」が始まり、生協強化月間にふさわしい盛り上がりを見せています。先陣切った「東学区健康まつり」(しらかべ支部)では200人以上参加の大盛況ぶりでした。

倉敷東中学校音楽部の迫力ある演奏(=しらかべ支部の健康まつり)(9/30)

 支部健康まつり≠「東学区コミュニティ協議会」と共催で9月30日、倉敷商店街にあるまちづくりセンター(ビオス憩いの広場)で開催しました。今年で3回目となります。

血管年齢測定(左)、骨密度測定(右)が<br />大盛況でした。
健康チェックが人気

 会場では、血管年齢測定、骨密度測定には行列ができるほど大盛況でした。歯科衛生士による歯科相談もありました。
 午前のコンサートでは恒例のオカリナ演奏で秋の曲。倉敷東中学校音楽部による「見上げてごらん夜の星」や「負けないで」など迫力ある演奏も。
 「原発をなくそう」など平和を歌うバンド「ピースナイン」の歌や、今年新たに登場したのが武内(ギター)&渡辺(クラリネット)による歌と演奏がありました。
 盛り上がったのは栢野紗奈さん=B小1とは思えない歌唱力とアドリブでした。この様子はインターネットに配信されており、多くの人が視聴しています。
 午後は笑いヨガ≠ナ元気に爆笑。そしてギターやアコーディオン伴奏と渡辺さんの歌唱指導で歌声。ピエロのパフォーマンス(次記事)は今年も好評でした。

展示あり、遊びあり

 2階の手芸コーナーでは、石井さんらの指導でシジミ貝を使って可愛いストラップを制作。また大震災以降娘汐凪ちゃん≠探し続けてきている家族の反原発記録写真32枚が展示され、岡山民報社の取材もありました。治安維持法犠牲者の国家賠償を求めるドキュメント『種まく人々』も上映されました。昔遊びではコマ回しやけん玉、紙飛行機で楽しみました。

機関紙配布協力者のつどい
─ 中島支部 ─

有吉さんのショーに<br />笑いの渦

「みんなで笑って!交流深めて」

 中島支部では、毎年機関紙配布に協力いただいている皆さんの交流の場として、「つどい」を開催しています。
 今年は9月29日に中島憩の家で開催しました。倉敷市社協ボランティアセンターより「マジックショー&ギター」を得意とする有吉司さんに来ていただきました。
 参加者一同、次々に繰り広げられるマジックに騙され続け終始笑いの渦でした。
 「つどい」の中では「ヘルスチャレンジ」の紹介もあり、その場での申し込みもありました。  日頃なかなかお会いできない方が多くつどいましたが、楽しい場の雰囲気もありすぐに会話が弾み、ギターに合わせての歌声でしめくくりました。

いつまでも健康でいたい

フレイル予防にストレッチ体操(9/28)

鴨方で学習会

 鴨方準備支部主催で健康づくり体操学習会を9月28日、浅口市健康福祉センターで開催しました。
 倉敷医療生協の活動を鴨方の人達に知っていただこうと7月の健康チェック実践学習会に続いて第2弾目の企画です。参加者は7人でした。身長体重測定、血圧測定、握力測定など健康チェックの後、健康事業部員の池内桃子さんからフレイル予防の話を聞き下肢の運動を行いました。
 「正しいスクワットのやり方は?」や「猫背にならないようにするには?」など質問も出され、健康に関心が高い方ばかりで熱心に取り組みました。運動の後、参加者のみなさんでテーブルを囲み、茶話会をしました。
 鴨方に医療生協の支部を作る予定であること、ヘルスチャレンジ、健康ウォークなどこれからの計画の提案や案内がありました。参加者は「いつまでも健康でいたいので、健康に関する企画を続けてほしい。できる限り参加したい」と積極的に話されていました。

(理事 藤澤宣子)

私たちの支部 船穂支部

平和行進の接待の準備をする船穂支部のみなさん(=玉島支所)

おいしかった!また来年も

 毎年一番暑い時期の平和行進。通し行進の方や頑張って歩かれている人達に、ほっとする時間を提供したいと、支部では毎年接待をしています。
 倉敷市玉島の霞橋西詰では甘くて冷たいスイカとお茶を用意します。スイカとお茶は前日からお店の冷蔵庫でヒエヒエです。
 また、船穂支所を行進が出発する日は、玉島支所での昼食休憩に冷たいソーメンとおにぎり、玉子焼き、ウインナ、お漬物、ぶどう、トマトなどで接待します。「おいしかった」の言葉でまた来年もと、しんどさを忘れさせてくれます。もう20年以上も続いている支部の行事の中心となっています。もちろん歩く人もがんばっています。

(支部運営委員長 池上尚美)

2017年度健康まつり日程

曜日 名  称
11 3 児島市民健康まつり
11 黒崎健康まつり
12 みずしま健康まつり
12 乙島健康まつり
13 浅口健康まつり
19 玉島健康まつり
26 船穂健康まつり
12 2 早島健康まつり
8 南浦健康まつり
9 総社西支部誕生祭
10 真備健康まつり

すこしおレシピ

(コープリハ病院 管理栄養士 平野澄子)

豚肉の中華風焼き 野菜の香味と甘酢で、すこしおでも美味しい。焼くと、吸油量が減りカロリー抑え目に。
鶏肉の南蛮漬け 塩分一人あたり0.5g
(材料2人分)
・鶏もも肉または胸肉 1枚
・小麦粉      大2杯
・油        適宜
・人参       1cm
・玉ねぎ      1/4個

・ピーマン     1個
・砂糖      小2杯
・酢       小2杯
・濃口しょうゆ   小1
【作り方】
@野菜は千切り、調味料に漬けておく。
A鶏肉は一枚を6等分にする。
B小麦粉をまぶし、油で揚げる。
C@へジュッと漬け込む。
D返しながら味を染ませる。
E肉を盛り付け、野菜を載せ漬け汁をかける。
※漬け汁が少ない場合は、だし汁を加えても良い。
イメージ ねばねば野菜に、わさびをピリッと効かせて。
山芋のわさび和え 塩分一人あたり0.5g

(材料2人分)
・山芋   10cm
・おくら   2本
・ねりわさび 好みで適宜


・濃口しょうゆ   小1杯
・みりん風調味料  小1/2杯
・焼き海苔     適宜
【作り方】
@山芋は皮をむき、酢水に漬ける。
Aおくらはへたのまわりや、じくを除き手の平に塩少々つけ転がしてうぶ毛を除く。熱湯でサッと茹で輪切り。
B山芋は短冊切りにし、調味料わさびを焼き海苔も加え和える。
※酢水は山芋のアク抜きと、手のかゆみ予防にも。

わかりやすい≠ニ好評
国保問題学習会に90人

講演する<br />長友教授 熱心に聞き入る参加者

長友教授(津市立短大)が講演

 国保問題学習会が9月29日、倉敷市の健康福祉プラザで開かれ、会場いっぱいに90人が参加しました。倉敷医療生活協同組合が主催しました。

 「新たな政策展開を知る、つくる!〜国保の都道府県単位化を契機に、被保険者の視点から」と題して、長友薫輝津市立三重短期大学教授が講演しました。
 来年4月から、国民健康保険の運営(保険者)が、市町村から都道府県に移るのにともない、医療費の削減と住民負担増が心配されていることから企画し開催した学習会でした。
 長友氏は国の狙いを解明し、「国は、ベッド数を減らし、診療を抑制するなどして、国の負担をさらに下げようとしている」との懸念をのべました。ユーモアもまじえながら「国保にもっと公費を」との運動を強め、住民と自治体が連携することが大切だとしました。
 会場では、熱心にメモをとる姿が目立ち、7人が発言しました。
 「国保1万円引き下げなどの要求は妥当なのでしょうか」などの質問に、長友氏は「そこにとどまらないでほしい」と、運動を激励しました。
 「とても、わかりやすいお話でした」など、半数近い参加者から感想文が寄せられました。

「平和を学習」社保学校で

平井昭夫さん(中央)を講師に学習会(9/19)

 新見ブロック(3支部)は、9月19日(金)に「社保学校」第1課(全3課)を開催し、組合員・理事・職員等16人が学習しました。
 当地区の「社保学校」は2000年に開校以来今年9回目、「平和問題を学習しよう」と、第1課は平井昭夫氏を講師に迎え「核兵器廃絶に向けて」と題して、1時間余り貴重な話を聴きました。  まず、今年7月に国連で「核兵器禁止条約」が採択された背景について
 @被爆者の存在と運動の力
 A日本原水協の粘り強い運動
 B非同盟諸国の運動が効を成したと言える。
 次に「原爆は人類と共存できない」と分かっていても「核抑止」にこだわる大国は「抑止が戦争を防ぐ」という論理から抜け出せない。(日本の政権も同調)
 そして最後に、これからの私たちの役割について、9月20日から始まる国連の「署名活動」は2020年までに億の単位(署名者の数)まで広げよう、と呼びかけられました。
 応えて、受講者は早速9月26日の「国連核兵器禁止デー」に行動を起こそう、と意見一致しました。

(新見南 橋本宏子)

*9月26日朝7:30〜8:15 歯科診療所と新見高校の間の国道180号沿いに、横断幕2張(原水協と新婦人)を持ってアピールしました。

亀島山地下工場に見学依頼が相次ぐ

 亀島山地下工場の見学依頼が今年になって相次いでいます。倉敷医療生協も活動を支える「亀島山地下工場を語りつぐ会」では、3月の総会以降、500人を超える方々を地下工場に案内しています。特に、6月5日には、倉敷中央高校の1年生240人が地下工場を見学し、10月3日には、水島中学校の2年生70人が見学しました。
 水島中学校では、平和学習の教材として、ヒロシマやナガサキを取り上げ、修学旅行は沖縄に行っています。先生方が、紙芝居「亀島山地下工場の生い立ち」のことを知り、ぜひ生徒に現地を見学させたいという話になりました。この紙芝居は、連島中学校美術部の生徒が原画を描き、「語りつぐ会」も参加する「亀島山地下工場を保存する会」が制作したものです。
 地元の中学生や高校生が、足元から戦争と平和を考える教材として、亀島山地下工場を生かしていきたいものです。

(亀島山地下工場を語りつぐ会事務局長 村田 秀石)

紙芝居「亀島山地下工場の生い立ち」 地下工場の見学に向かう生徒たち

学習講演会のお知らせ

わたしのなかの憲法
・・・フクシマ ・ オキナワの取材をとおして・・・

日時:11月29日 ( 水 )
   午後 2:00〜4:00
場所:水島公民館
講師:森住 卓
   (フォトジャーナリスト)

森住卓さん プロフィール

1951 年生まれ。フォトジャーナリスト。
1994年より世界の核実験被爆者の取材を開始する。
2011年の東日本大震災と福島第一原発事故でも直後から現地に駆けつけ、放射線量の高い地域で現在も取材活動を続け、被害の実情を各地で公演している。
主な著書に「私たちはいま、イラクにいます」「福島第一原発 風下の村」「やんばるで生きる」「沖縄戦・最後の証言」など多数。

組合員のひろば

往診に感謝 
倉敷市玉島 大本靖家

 協同病院だよりで、岡田先生の記事を読みました。2回往診に来ていただき、往診時には感じられなかった熱心さを感じました。もっともっと立派になられることを期待します。往診ありがとうございました。

歯の治療は続く 
倉敷市玉島 岡野紗奈
 夏休みが終わってしまったけど、歯の治療はまだまだ終わりそうにないのです。

おやつタイム 
倉敷市北畝 松本しのぶ
 血糖値が高いために、定期的に内科を受診しています。一度だけ数値が良かったために薬が減ったことがありました。その後も目標にしてはいますが、なかなか止めることのできないおやつタイム。毎日おやつとにらめっこをしながら、ついつい負けてしまいますが、幸せな時間なんです。

非常時の心構え 
倉敷市堀南 古賀福三
 9月になって一番に懸念されることは防災について、まず台風シーズンにともなう秋雨前線の到来です。大雨による被害と台風、予想される南海トラフでの大地震など身の毛のよだつ思いです。非常時に対する心構えとともに、防災用の備蓄品など再チェックが必要だと感じるこの頃です。

新しい靴で高野山に 
倉敷市東塚 三島きく子
 8月10日に、高野山の女人道を歩いてきました。山歩き用の靴とリュックサックを購入。10日前から新しい靴に慣れるよう歩きました。天気に恵まれ、良い汗をかいて、とても爽快でした。気温は26.5℃でしたよ。

歯科でおほめに 
倉敷市児島 山本啓子
 歯科検診のハガキをもらい、さっそく先日予約をとり、診察してもらうと「よくみがけてます」といってもらいました。今までハガキをもらっても気になりながら痛みが出てから治療してもらう状態でした。ていねいにみがき、歯を大切にしていきたいです。

平和行進に救護車 
倉敷市東町 佐野篤世
 平和行進に参加しましたが、皆についていけず、一人離れてとぼとぼ歩いていて、救護車に拾われました。日頃の運動不足を思い知らされました。

父の急な腹痛 
倉敷市玉島 黒川明美
 先日、父が急な腹痛で手術を受けました。水島協同病院の先生、看護師さんなど、多くの方にお世話になり、感謝しています。今まで元気で入院すらしたことがなかったのですが、いつ、何が起こるか分からないものだと、痛感しました。

ひろばが楽しみ 
岡山市中区平井 笹田裕子
 組合員のひろば、毎回楽しみに読ませていただいています。現在は家にいますが、社会のことなど広く関心を持って暮らすことの大事さを教えていただいています。

早島よいところ 
都窪郡早島町 喜屋武昭江
 早島町に家を建てて40年になります。緑が多く交通の便も良く、職場にも近く、環境の良い所で子育てもでき幸せでした。最近はベランダからの景色が一変し、緑がない建物に変わり、夏の涼しい風も少なくなり残念です。緑の大切さを感じています。

世相笑々
よくおちる
新洗剤じゃあるまいし
「オチプレイ」は願い下げ ──日本の家庭

〜まつりにピエロ〜<br />
 9月30日しらかべ支部の東学区健康まつりの一コマ。<br />(職員 柴田 敏)

【ちょっと聞いて】

えっ781円!?

 岡山県の最低賃金が781円に決まりました。最賃1000円はずっと以前から労働者の願いなのに、まだまだだなと残念な気持ちです。ちなみに781円で1日8時間、1か月22日働いても13万7456円にしかなりません。人間らしい暮らしにはほど遠い金額です。これでは結婚したくても結婚できない若者が多いのは当然だと思います。

(倉田ひろ子)

navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。