WEB版医療生協

倉敷医療生協WEB機関紙

「2020年7月号」(NO.0617)
  • 前月号を読む

西日本豪雨災害から2年 倉敷市真備の復興をみつめて

防災への意識を忘れず

 2018年7月の西日本豪雨災害で、小田川と3つの支流の堤防が決壊し、大きな被害を受けた真備町。梅雨の時期を迎えた今も、復旧工事はつづいていました。

当時の様子が昨日のように…(末政川の堤防工事現場)=6月4日
自分たちの目でみつめて

 真備東支部と真備西支部の運営委員会では、災害後早くから、自らの生活再建をしながら、日頃のつながりを活かした支え合いの活動や地域の復興に向けた協同の取り組みに参加をしています。
 災害から2年目の夏、いまだ住民は災害前の8割程度しか戻れていません。両支部運営委員会では、「徐々に復旧作業で姿を変えてゆく、住み慣れた町の姿をしっかり見ておこう」と、日頃から話し合っています。

災害の教訓を忘れず

 堤防が決壊した支流や、川そのものの付け替えをすすめている小田川本流の工事現場に足を運んでみると、大規模な工事が進んでいました。
 支流の堤防が今までの倍近い幅となり、山が一つなくなって川になるなど、風景が一変するほどの規模です。
 参加した運営委員の皆さんから「完成まであと3年。毎年梅雨の時期には不安を感じる」という声や、「災害に対して、いつ、どう行動を始めるか、考えておかないと」などの感想がありました。
 いざという時の災害に備え、日頃から家族構成や生活環境にあわせて、安全に避難できるように「マイタイムライン」(行動計画)を立てておきましょう。
 マイタイムラインを作成する参考に、国土交通省中国地方整備局、高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所のホームページに、作成支援ツール「逃げキッド」や真備地区の方々の体験談、避難までに確認しておくことなどが掲載されています。

地形も変わる光景に驚き(本流付け替え工事現場)=6月12日

診療報酬改定について学ぶ【玉島協同】

玉島協同病院では4月15日、診療報酬改定についての学習会を行いました。

診療報酬改定の内容を聴く参加者=4月15日

 診療報酬とは、保険医療機関である病院・診療所などが行う医療行為に対して、国民健康保険などの保険者から支払われる料金を国が定めたものです。
 医療の進歩や世の中の経済状況、医療費全体の推移などを踏まえて、通常2年に一度見直されます。
 今年が改定年度であることから、玉島協同病院に関係がある部分を中心に、赤澤尚樹事務課長を講師に学習会を行いました。
 参加者からは「改定の背景や今後の見通しを知ることができた」「自分の部署に関係する診療報酬ぐらいは知っておくことが大切」などの感想が寄せられました。
 今回の改定では、医療従事者の負担軽減、医師等の働き方改革の推進やかかりつけ機能の評価などが、基本方針として改定されました。
 現在の日本では高齢化が進み、医療費は増加すると予測されていますが、この間の改定では「はじめに財政ありき」で診療報酬の抑制が続いています。
 新型コロナウイルスの感染症対応で、日本の脆弱な医療・介護体制が改めて浮き彫りになりました。
 適切な医療・介護の供給体制を整えておくためにも、引き続き診療報酬の改善を求めていくことが重要です。

(事務長 青木 弘人)

研修医日記

医師<br />田中聖也久 患者さんのベッドサイドへ

一歩ずつ着実に

 6年間の医学生生活を終えて、やっと医師になり、研修が始まりました。
 研修で感じたことは、医学生のころの勉強とは全く違う知識を求められることです。
 例えば、「この患者さんにはどういった理由でこの薬を開始または停止したのか」など、医学生の勉強では、全くしないようなことが重要になってきます。こういったことは、専門書でも勉強できますが、やはり経験豊富な指導医の先生から学ぶのが一番です。確実に自分の物にしていきたいです。
 初期研修医になって3か月が経ち、色々と知らなかったことを覚えてきましたが、まだまだ知らないことばかりです。
 多くの症例に触れて、着実に身に付けていけるよう、努力していく所存です。

(水島協同病院 田中聖也)

きらり!この班

これで今年は大丈夫!=6月10日

ホウ酸団子作り

乙島支部 コスモス班

 コスモス班は月に一度、乙島憩の家で活動しています。みな昔からの主婦仲間で、手料理を持ちよることもあります。
 最近はコロナ対策で食事会などは自粛しています。6月10日は家の害虫を駆除する「ホウ酸団子」を作りました。毎年作っている方の指導で、ホウ酸や小麦粉、玉ねぎなどを手でこね、あっという間に完成。効果が楽しみです!

(班長 森分信子)

国分寺にむけてウオーク

レンゲの花がきれいでした。=4月28日
大高支部

 大高支部では、4月28日に、総社市の備中国分寺周辺を歩きました。3つの密に気をつけて、まわりの景色と会話を楽しみました。
 レンゲの花も咲いていて、青空にピンクが映え、とてもきれいでした。支部の仲間と元気に歩けてよかったです。

かんたんクッキング

(管理栄養士 かきうちはるな)

豚こまケチャ炒め お好みの具をたっぷり入れて。ケチャップ味で子どもにもおすすめです♪
豚こまケチャ炒め 1人分食塩相当量 1.2 g
調理時間 10分
(材料:2人分)
◦豚こま切れ肉 150g
◦★ピーマン  2個
◦★ナス    1/ 2本
◦★しめじ   1/ 2株
◦ケチャップ 大さじ4
◦サラダ油  適量
◦塩こしょう 少々
【作り方】
@豚肉とAはそれぞれ食べやすい大きさに切る。
Aフライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒める。火が通ったら★も入れてさらに炒める。ケチャップを加えてからめ、塩こしょうで味をととのえたら、できあがり。

今年は『おうちで平和行進』

昨年の様子(2019/7/22)

 2020年の原水爆禁止国民平和大行進は、インターネット(SNS)で、画像や動画(1分程度)を投稿して行います。
 個人もしくは仲間と一緒に、「核兵器をなくしたい」「平和が大好き」の言葉を入れて、平和への思いを投稿しましょう!!
★期間:7月16日〜26日
●お問合せと送信先 原水爆禁止岡山県協議会
 TEL086-244-4526
 kenmin@po5.oninet.ne.jp

組合員のひろば

投稿写真大募集

あなたのとっておきの1枚をお待ちしています。送り先はsoumu@kura-hcu.jpへ、採用の方にはQUOカードを進呈します。
★今月は、当選者のうち5人の一言をご紹介します。

うがい、手洗いを 
倉敷市堀南 江本真奈美

 娘が一年生になり、新しいランドセルを持って、うれしそうに学校に通っています。
 コロナウイルスにかからないように、うがい、手洗いをさせています。頑張っていきたいと思います。

孫の達成感 
倉敷市西富井 難波照子
 コロナで自粛も限界、久しぶりに種松山へ。
 高所苦手の5歳の孫が、丸太の組木のてっぺんまで登ることができ、達成感を味わってました。

コロナは悲しい 
倉敷市二子 小田民江
 仕事を退職してから田んぼの草刈りや、庭の雑草とりなど、雑草との戦いの中、毎週3回のピンポンも楽しみでしたが、コロナの影響でお休み。悲しいです。
 早く体を動かし、楽しくおしゃべりしたいと思います。

40年、お世話に 
倉敷市水島 谷 直美
 水島歯科診療所にお世話になっています。若い頃は、夜間診療があるので助かっていました。お世話になって40年になります。

青葉の季節に 
倉敷市福田町 赤澤弘子
 青葉若葉の季節です。コロナ避け、山道登ればうぐいすの、のどかな鳴き声に癒やされています。早く終息して班会でみんなに会いたいです。

世相笑々
三密状態で危険
密閉──日米間の密約
密集──官邸主導
密接──首相の取巻き

写真

あなたの笑顔は家族の幸せ!

元気に育ってくれてありがとう♪家族みんなの宝物です♥

(富田支部 磯崎綾乃)

第66回 通常総代会開催される

 第66回通常総代会が、6月17日倉敷アイビースクエアで開催されました。
 コロナウイルス感染禍での大幅な時間短縮と、大幅な総代の実参加規模の縮小での開催でした。
 書面参加総代の文書発言を含めて議案が討論され、煢H克昌専務理事は討論のまとめで「コロナウイルス感染を乗り越え、来年はいつも通りの総代会を」と呼びかけました。
 提案された3つの議案はいずれも賛成多数で可決承認されました。

navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。