倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH


顔写真第39回:新しい虫歯予防に取り組む


水島歯科診療所 医長 歯科医師 辻重 真

はじめに
 虫歯の治療といえば、虫歯の穴を埋めたり、冠をかぶせたりするといったような、修復治療のイメージが強かったと思いますが、近年虫歯の発生原因に着目して、虫歯にかからないようにするための取り組みが、世界各地で取り組まれています。
写真  水島歯科でも2001年度以降、各個人についての虫歯にかかる危険度(カリエスリスク)を調べてその人にあった予防法を行なう取り組みをしています。

唾液で虫歯になる危険度がわかる
 虫歯は、口腔内に存在する虫歯菌が、食事中に含まれる砂糖を原料にして酸を産生し、この酸が歯を溶かすことで発生します。唾液には、虫歯を予防する働きがあります。この唾液を採取して、唾液の状態を調べるとともに、虫歯菌の量を調べることができます。虫歯の発生には他にもいろいろな要素が関係していますから、唾液の状態と虫歯菌の量などの要素に加えて食事調査などいくつかの要素を加えて総合的に虫歯の危険度を判定します。(図1)

新しい予防法とは
 虫歯予防には、ブラッシングが大切なのは昔から言われていることですが、フッ素配合の歯磨き剤の正しい使用法や、キシリトールなどの虫歯予防に役立つ製品を上手に利用することも大切です。また、虫歯菌を口腔内から減らす(除菌療法)も開発されています。水島歯科ではこれらの新しい予防法にも取り組んでおり、正しい情報提供にも取り組んでいます。興味のある方は、スタッフにお気軽に声をかけてください。

図1カリエスリスク判定表

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。