倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第58回:生活習慣病予防と運動
「メタボリックシンドローム」について
水島協同病院 診療部科長 丸屋 純
水島協同病院 診療部科長 丸屋 純
欧米化した食習慣
 車の普及や、何でもリモコンで運動不足の生活、それに欧米化した食習慣での摂取カロリーの増加で日本でも隠れ肥満の人が増えてきています。若いうちには痩せ型だった人が、中年以降おなかが張り出してくると要注意です。動脈硬化の原因としてコレステロールは特に有名ですが、1980年以降の研究の結果、コレステロールだけでなく、内臓脂肪肥満がおおもとの原因となって、高血圧・高脂血症・糖尿病などを引き起こし、最後は心筋梗塞を起こしてくることが非常に多いことが解ってきました。例えば、高トリグリセリド(高中性脂肪)血症、耐糖能異常(糖尿病)、高血圧、肥満のうち三個以上が合わさった場合の危険率は、何もない人の30倍以上に跳ね上がるのです。

生活習慣からくる肥満
 こういった生活習慣からくる肥満をなくして、心臓病を予防する目的で2005年4月に日本人向けのメタボリックシンドロームの診断基準ができました。
 悪い何とかは元から絶たなきゃだめで、血圧だけとか糖尿病だけの治療をしていたのでは、動脈硬化のキチンとした予防はできないのです。
 なにより脂肪細胞そのものが、アディポサイトカインと呼ばれるホルモンを分泌してインスリンの効き目を悪くし、炎症をおこして動脈硬化を促進することがわかってきたのです。ですから、メタボリックシンドロームの診断基準の第一番目は、「内臓脂肪が増えている」すなわちウエストが太いということなのです。

内臓脂肪肥満の診断
 内臓脂肪肥満の診断は、正確にはお腹のCTスキャンを撮らないと分かりませんが、ウエストを測ることによっても推測できるのです。ウエストの大きめな方は、いろんな病気が出る前に、食事や運動など生活習慣に気をつけて余分な脂肪を落として肥満を予防しましょう。
 便利なやせ薬はありませんが、コレステロールや血圧・糖尿の薬を飲むばかりが治療ではありません。自分でできる健康管理に積極的に取り組んでいただくとともに、解らないことは病院でご相談いただいても結構ですし、栄養指導なども積極的にご利用ください。
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。