倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第59回:感染症を防ぐ免疫力をつける食事 水島協同病院・管理栄養士 高田智恵美
水島協同病院・管理栄養士 高田 智恵美
 だんだん寒くなってきました。寒い場所にいるといつの間にか身体に力が入っていることがありませんか。またこれからの季節は、外出することがおっくうになり、運動不足になりがちです。そのため、筋肉が硬くなってしまいます。
 硬い筋肉は血管を圧迫してしまい、血液の流れを悪くします。すると、コリや痛み等の不快感を感じたり、リラックスができずいつも緊張している状態になってしまいます。この状態が続くとストレスがたまり、健康的に過ごすことができません。これらの状態を筋肉をほぐして改善しようというのがストレッチ体操です。緊張型頭痛の予防もかねて、頚部・肩のストレッチを紹介します。
体操のポイントは、
(1)強い痛みを感じない程度に気持ち良く筋を伸ばし30秒くらい止めましょう。
(2)反動をつけず、ゆっくりと。
(3)息を吐きながら。
(4)毎日続けましょう。
 肩や首が重く感じる時に実践してみてください。

〈肩のストレッチ〉
(1)片腕の肘を曲げて後頭部に上げ、逆の手で上げた肘を斜め下に引く。
(2)肩肘を内側に上げて逆の手で肘を内に引く。
(3)片腕を背中に回し逆の手で横に引っ張る。

〈首のストレッチ〉
(1)両手をアゴの下にそえて、アゴを押し上げる。
(2)片手で逆側の側頭部を押さえ下方に押しつける。首は真横に曲げる。
(3)両手を後頭部で組んでアゴ・後頭部を下に引く。

〈胸のストレッチ〉
(1)手の甲を外側にして背後で両手で組む。肘を伸ばしたまま組んだ両手を上げ、胸を前に突き出すように張る。
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。