倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第67回:子どもたちの育ちの問題
現在の「少年事件」から見えてくること
みずしま診療所 臨床発達心理士 檀上貴史
みずしま診療所 臨床発達心理士 檀上 貴史
 先日起きた奈良の高校生による自宅放火、家族の焼死事件や母親を毒殺しようとした事件など、最近、世間を驚かせるような少年事件が起きています。こうした事件から「今の子どもたちは〜だ」と一般化したり、事件の背景や要因の独自性を無視して一概に論じることはできません。しかし健やかに育っていく子どもたちがいる一方で、こうした事件に至ってしまう子どもたちがいるのも現実です。そこで、こうした事件に至ってしまった子どもたちの育ちの問題(報道されている内容という限定つきですが)を考えていくことで、ある程度予防できると考えています。

共通する育ちの問題
 こうした子どもたちの育ちに共通して感じることが3つあります。つまり「自己の感情や行動をコントロールする力の弱さ」「現実的にものごとを考え、解決に向かうといった現実検討能力の弱さ」「自分が自分であっていいんだ、という自己肯定感の弱さ」です。

「勝ち組」「負け組」
 こうした「弱さ」はどうして起きてくるのでしょう?「自己肯定感」の弱さでいうと、今の世の中は「勝ち組」「負け組」に象徴されるように「人との競争に勝たなければ生きていけない」という競争主義がまん延しています。そのためお互いの個性や能力の違いを認め合い、協力したり助け合ったりすることにはあまり価値が置かれず、特定の能力や技術(例えば学力)を高めることを幼児期から求められる傾向があるように思います。そうしたなかで自分や他人を信頼する心が育つのは難しいのではないでしょうか。

地域の協力で
 早くからこうした育ちの弱さに気づき、園や学校と家庭が協力して育ちの援助をしてあげることができれば、きっとこうした事件も減っていくのではないかと思います。
パンフレット表紙
パンフレットの
申し込みは
健康事業部まで 
TEL:086-448-3369
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。