倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第132回:どうされましたかH 食中毒注意報が発令

著者の顔写真
松岡利恵 看護師

組合員さんから、「食中毒について詳しく教えてほしい」と質問があり、水島協同病院感染防止対策室の松岡利恵感染管理認定看護師に答えてもらいました。

◆原因はさまざま

岡山県では6月27日に食中毒注意報、7月には腸管出血性大腸菌感染症注意報が発令されました。食中毒といっても原因はさまざまで、有機水銀などの化学物質や、ふぐ・きのこなどの自然毒がありますが、細菌やウイルスなどによる微生物が7割以上を占め、高温多湿を好むため夏場に多く発生します。

微生物が付着・含有した物を食べたり、微生物が付着している調理器具や手で調理されたものを食べることによって、嘔吐や下痢などの胃腸症状を起こします

◆後遺症が残ることも

最近問題になっている、牛・鶏肉を生のまま食べることで起こる食中毒の主な原因微生物は、腸管出血性大腸菌(O157・O111等)とカンピロバクターです。大腸菌は、健康なヒトの大腸内や環境内にも分布している微生物ですが、中には「病原性大腸菌」のように下痢を起こすものがあり、その中の一つである腸管出血性大腸菌は、毒素を出して血便や尿毒症、脳症を起こすことがあります。特に小児や高齢者など抵抗力の弱い方は症状が重くなりやすく、後遺症が残ることがあるので注意が必要です。

◆予防の三原則

予防のためには「食中毒予防の三原則」を実施します。@菌をつけない。食べる前、調理前、食肉に触れた後はしっかり手洗い、調理器具は清潔に、焼き肉の際は生肉を扱う箸と食べる箸を使い分ける。A菌を増やさない。調理後早く食べる、魚介類は4℃以下で保存。B菌をやっつける。食肉を加熱調理するときは、中心部まで十分に火を通すことで予防します。

また、発症した場合は入浴を控えてシャワーにし、患児が家庭用ビニールプールで水浴びをする場合は他の幼児とは一緒に入らないようにして、他の人への感染予防に努めます。気になる症状があるときは早めに医師の診断を受けましょう。

岡山県 腸管出血性大腸菌感染症 月別発生状況
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。