倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第135回:シリーズ健康A
「検診結果を活かすために」

第2回は、高血圧と動脈硬化の深い関係についてです。健診では必ず血圧測定をしていますが、血圧とは、心臓から送り出された血圧が血管壁に与える圧力のことで、高血圧はその圧力が高い状態をいいます。

高血圧の状態が続くと血管が傷つき動脈硬化が進行します。また、動脈硬化が進むと血管が狭く硬くなるため、血液を流すのに圧力が必要となり高血圧となります。つまり高血圧と動脈硬化は、お互いを進行させ、心筋梗塞や脳梗塞をおこす危険を高めてしまいます。

高血圧にならないために、次のチェック項目にあてはまったら、セルフケアを実行しましょう。

■運動することがほとんどない。

→適度な運動をすると血液の循環が促進されます。歩くことを意識し、自分にあったスタイルでのウォーキングをはじめましょう。

■味付けは濃いものが好き

→塩分の摂りすぎは、高血圧を発症する大きな原因です。多くの人は減塩をすると血圧は下がります。班会で塩分チェックをしてみましょう。

■自分の血圧の値を知らない

→自分の数値の変化を気づかうことが大切です。そのためにも、定期的に自己測定をする習慣をつけましょう。

降圧目標表
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。