倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第136回:シリーズ健康B
「健診結果を活かすために」

第3回は、コレステロールと中性脂肪です。

血液中のコレステロールは、細胞やホルモンをつくる材料で、中性脂肪は体を動かすエネルギー源になります。

コレステロールには“善玉"と呼ばれるHDLコレステロール(以下HDL)と、“悪玉"と呼ばれるLDLコレステロール(以下LDL)があります。

LDLは、増加に伴い血管壁にたまり、動脈硬化を引き起こします。また、LDLの中には、通常よりもサイズが小さく、血液中に留まるものがあります。(“超悪玉")

このLDLは、中性脂肪の増加に比例して増えていきます。まずは、中性脂肪を減らしましょう!

そのためにも、食生活の見直しが必要です。

■アルコールがやめられない

→アルコールは、中性脂肪の数値を高めます。1日に日本酒なら1合、週2日は休肝日にしましょう。(ノンアルコールを上手に利用しましょう)

■果物や甘いものをたくさん食べている

→果物の美味しい季節です。果物は適量にとれば体には良いのですが、多すぎると中性脂肪を高くします。目安は、1日1個のりんご程度です。

■肉はロースやバラ(脂身)が好き

→動物性脂肪は、中性脂肪やコレステロール値を上げる原因になります。目で見てわかる肉の脂身は準備段階で取り除いてから調理しましょう。

■運動はほとんどしない

→エレベーターでなく階段を使ったり、近くに行く時は車をやめて歩いて行くなど、日常の動作を見直しましょう。こまめに体を動かすことでLDLは減少します。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。