倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第143回:口腔ケアシリーズ@ 口腔乾燥症(ドライマウス)

歯科衛生士  沼田 彩

ドライマウスとは、いわゆる口腔乾燥症と呼ばれている疾患や症状の別称です。ドライマウスは加齢の症状としての認識が高く、老化現象の一つと考えられてきましたが、近年の研究では、加齢による唾液分泌の低下はほとんどみられないとする報告が多くみられるようになりました。

摂食嚥下障害や誤嚥性肺炎、口呼吸とも大きく関連していることが認められています。口腔乾燥感の自覚は、唾液分泌の低下や、口腔粘膜の保湿度低下、唾液の粘性亢進、そのほかの疾患などでも生じます。この口腔乾燥(ドライマウス)と呼ばれる症状は口腔の乾燥感だけではなく、口腔の違和感や義歯不適合など、さまざまな状態を含んでいます。

乾燥した口腔粘膜には、保湿剤配合の洗口液などを用いて粘膜保湿を行います。洗口法よりも、スプレー噴霧やスポンジブラシによる塗布が効果的です。

水を用いた保湿は保湿効果が少なく、乾燥した粘膜上を流れて気道に入りやすいので注意しましょう。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。