倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第148回:肩こりについて

肩には、首と両腕あわせて約6sを支えるための筋肉があります。そして、あらゆる姿勢を維持するために、緊張しています。図1のように、首や肩には様々な筋肉があります。緊張が続くと筋肉が疲れて、疲労物質がたまり、硬くなります。それが、血管を圧迫し血行不良をおこします。そうなってくると、筋肉に十分な酸素や栄養が供給されにくくなり、ますます筋肉が硬くなってしまします。

原因としては、

 @デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている

 Aイスと机の高さのバランスが悪く偏った姿勢を続けている

 Bカバンなどいつも同じ肩で持っている

 C長時間冷房の効いた所で体が冷えている

などがあげられます。また、・貧血・高血圧・狭心症・胃潰瘍・眼の病気・合わないメガネ・歯痛・ストレスなども肩こりを誘発するともいわれています。

肩こりに対して、家族にもんでもらうのが一番気持ちのいいものですが、一人でできる簡単なストレッチ運動を紹介します。それぞれかけ声を「1・2・3・4・5!」と出して無理のない程度にやってみましょう。

肩こりストレッチ@
イメージ

肩の上下運動。力を入れ両肩を上げ、
次に力を抜いてストンと落とします。

肩こりストレッチA
イメージ

力を入れて胸を張って肩胛骨を寄せ、
5つ数えてゆるめます。

肩こりストレッチB
イメージ

両腕を組んで、頭と手で押し合いっこを
します。(前後行います)

肩こりストレッチC
イメージ

手のひらと頭で押し合いっこをします。
(左右とも)

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。