倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第150回:リハシリーズ 頭の筋肉ほぐしてみよう

水島協同病院 リハビリテーション科主任 滝川章子

 長時間のパソコンや手作業で、肩こり・目の疲れ・頭痛が起こる人はいませんか?

 人が何か作業をするときは、知らないうちに顔面が緊張していたり、口を固く結んで歯をくいしばっていたりします。

 その時に緊張するのが、側頭筋・咬筋(口を堅く結ぶ)、前頭筋(目に力を入れる)、後頭下筋(頭の位置を保持する)などの頭の筋肉です。

 今回はこの筋肉をストレッチしてみましょう。

@側頭筋・咬筋

 頭を軽く後ろに倒し、額の力を緩めて自然に口を開きます。ぽか〜んとする感じでリラックスして口を開け、そのまましばらく目を閉じて楽にしてください。次に、こめかみの上あたりを掌で広く包みこみ、上にゆっくりと引っ張ります。

A前頭筋

眉上から、おでこの中央にかけて両掌を添えます。少し上に引き上げて、真ん中から外側に向かってゆっくり円を描くように回します。

B後頭下筋

 両手を組んで、後ろ頭の盛り上がった部分に当て、骨に沿うようにしてゆっくりと引っ張ります。少し、首を前に倒すと頚部までストレッチすることが出来ます。

 頭の筋肉は薄くデリケートです。ゆっくり優しく、骨の上を滑らせるように、皮膚自体を引き延ばすようにしましょう。椅子に深く腰掛け、頭を壁にもたれたりしながら、リラックスできる姿勢で行いましょう。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。