倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第153回:こどもの病気シリーズ@ 「しもやけ」

(水島協同病院看護二科主任 植本聖子)

 大人から子どもまで毎年悩ましい病気です。毎年なるからとあきらめておられる方へ、予防と治療方法をご紹介します。

原因と症状

イメージ

 寒くなり、冷たい空気にさらされると手や足・耳などがふくらみ、痛痒くなります。原因は、皮膚の毛細血管で血液の流れが悪くなるために起こります。

家庭で気をつけること

イメージ
@予防が一番
 起こしやすい体質のお子さんは、寒くなったら、起こしやすいところを冷えにくくして予防します。
耳あてや帽子
外出時は手袋
靴下をはきますがむれやすかったり、足首をしめつける靴下は避けます。また、きつい靴もよくありません。
A手をぬれたままにしておかない
 手を洗って生乾きにしていると、水分の蒸発で手の温度が下がり、しもやけが悪くなります。乾いたタオルやハンカチで水分をよく拭き取ります。
B入浴時にマッサージ
イメージ イメージ  入浴時に手足をマッサージして、手足の血流を良くします。(なお、痛痒いのがひどい時は、マッサージをするとひどくなることがあります)
 

ぬり薬も

 なかなか治らない時は、しもやけに効果のある塗り薬がありますから、小児科を受診しましょう。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。