倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第164回:歯科シリーズ@「CAD/CAMシステム稼働」

歯科医師 辻 重真

水島歯科診療所

 昨年の4月の保険改定で、「保険CADクラウン」という新しい歯冠修復法が保険導入されました。この方法は、「CAD/CAM」(コンピューター技術を応用した造型法)を応用して、コンピュータソフトウエア上でクラウン(冠=かぶせもの)の設計を行い、データを造型装置に転送して、材料ブロックから削り出してクラウンを製作するというものです。現時点では適用できる部位が小臼歯部のみと限定されており、ブリッジ(橋掛けの冠)には適用されていません。また使用材料はハイブリッドレジン(複合材料からなる合成樹脂)に限定されています。

「保険CADクラウン」の製作手順の概要は以下の通りです。

  1. @従来と同様に歯型の採取を行う。
  2. A取った歯型で石膏模型を作製し、3Dスキャナーで立体スキャンを行う。
  3. Bコンピューター画面上でクラウンの設計を行う。
  4. Cクラウン設計データを削り出し装置に転送し、材料ブロックからクラウンを自動で削り出す。
  5. D出来上がったクラウン。

水島歯科では以上の工程を今年2月より、完全自家生産できる体制をとっています。

 従来の保険治療では、小臼歯のクラウンは銀合金によるものが中心であったため、材質的には堅牢でしたが、審美性(見た目)に問題がありました。今回導入された「保険CADクラウン」は、歯冠色を再現できるため、審美的に修復することができます。ただ、材質的に長期の耐久性にはまだ不安があるのが現状です。色調再現性や耐久性の面では、自費による歯冠修復法で使用されるセラミック系材料の方が優れているので、実際に適用する場合には、事前にこれら各種の修復法について理解された上で選択されることが大切です。お気軽にご相談ください。

石膏模型をスキャン
冠の設計中
冠の設計イメージ
削り出し装置
削り出し中
模型にあわせる
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。