倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第182回:歯科シリーズC 外出困難な高齢者をサポート

阿新歯科診療所 歯科医師 石井 大貴

超高齢社会と言われる今、高齢者の歯科治療の要求は、高くなっています。

治療やメンテナンスのためには、歯科診療所に来院することになりますが、さまざまな理由で来院できない人もいます。

体が不自由な方、移動手段がない方、入院中の方などです。このような患者さんのために7つの歯科診療所では歯科往診を行っています。

歯科往診では、むし歯の治療、冠の作成、歯を抜くこと、入れ歯の作成・調整を行うことができます。新見地域では介護施設、病院、障がい者施設など多数あり、さまざまな理由から往診を希望されることが最近多くなってきています。病院などでは、「入れ歯の調子が悪いようだ」と看護師から家族に提案があり、歯科の往診が始まったりします。

ST(言語聴覚士)から「入れ歯の調子が悪いので食べ物をやわらかい物にしないといけない、だから入れ歯を咬めるようにして形のあるもので食事がしやすくなるようにしたい」。娘さんから「歯がないと何を話しているのかよくわからないので、どうにかしてほしい」。さまざまなことから治療が始まります。

治療を行うと、すべての患者さんではないですが、いきいきとされるようになったり、しっかりと話されるようになります。地域の中の病院、介護施設、そこで働くささまざまな職種や家族と連携し、歯科治療を行うことで、食事の楽しみ、転倒防止、しゃべりやすくなる可能性が高くなります。

更に生活のハリや、生きる意欲にもつながると思います。

歯科往診に行ける時間や曜日の制約がありますが、歯に関してお困りのことがありましたら気軽に歯科診療所に電話をしていただけたらと思います。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。