倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第188回:知っておきたい薬のはなしB
多剤併用の弊害(ポリファーマシー)について

水島協同病院 薬剤師 林 雄一郎

みなさんは、『ポリファーマシー』という言葉を耳にしたことはありますか?

今回は、薬と副作用、お薬手帳のおはなしです。

ポリファーマシーとは

ポリファーマシーとは同じ効果のお薬が重複している、必要以上のお薬が投与されている、不必要なお薬が処方されていることです。

ポリファーマシーの原因は、患者さんによる複数の病院・診療科の受診、お薬の副作用に対する薬剤の追加などでお薬が増えていくことが挙げられます。薬物有害事象(お薬を投与された患者さんに生じた好ましくない症状、副作用など)が増えていることも問題と考えられています。

70歳以上の高齢の入院患者さんを対象として、飲んでいるお薬の数と薬物有害事象との関係を示した研究がされており、お薬が6種類以上に増えた場合に有害事象が起こる頻度が増えていると言われています(図1の1)。また、転倒が起こる頻度はお薬が5種類以上で発生率が高く(図1の2)、これらのデータより6種類以上というのがポリファーマシーの1つの目安となっています。

多剤処方と薬物有害および転倒の発生リスク
高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015より抜粋

お薬手帳が役に立つ

ポリファーマシーによる有害事象を防ぐためにはどうしたらいいでしょうか?

お薬手帳を活用することが大切です。お薬手帳には、患者さんの基本情報、アレルギー、副作用の有無、病歴、かかりつけ医・薬局、服用薬に関する情報、処方薬の名前、使用量、服用回数、方法、期間などが記載されています。

医師・薬剤師がお薬手帳を確認することで同じ効能のお薬の重複や不要なお薬の投薬を防ぐことができます。医療機関や薬局に行く際は、必ずお薬手帳を携帯しましょう。

また、生活習慣を見直すことでお薬の調整ができることがありますので、お薬や生活習慣でお困りのことやご不明な点がありましたら、医師又は薬剤師までご相談ください。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。