倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第196回:知っておきたい薬のはなしJジェネリック医薬品ってどんなもの?

水島協同病院 薬剤師 木口紘彰

先発医薬品(新薬など)の特許期間が過ぎると、他の製薬会社から、同じ成分を使ったお薬が製造・販売されるようになります。それが後発医薬品(ジェネリック医薬品)です。

ジェネリック医薬品という言葉がテレビのCM等で取り上げられるようになり、多くの人がその存在を知るようになってきました。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較して価格が安くなっています。うまく活用すれば、個人の医療負担軽減にくわえ、国全体の医療費を抑制していくことができます。

このような経済的な利点については、多くの方が理解できるところであると思いますが、それ以外の点で先発医薬品と具体的にどのような違いがあるかをご存じの方は多くないかもしれません。

効き目や安全性は?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同等の効果と有効性をもっています。

世に出される前の段階で、先発医薬品とジェネリック医薬品とが、同等の品質・有効性・安全性を有するかどうかについて厳格な審査が行われ、国が認めた薬のみが製造販売の承認を得ることができます。

試験で効果が保証されているため、安心して使用できます。

ジェネリック医薬品も同じ?

薬効保証の一方で、先発医薬品と異なっている部分もあります。

例えば、使用されている添加物が異なっていたり、効能効果の一部が一致していなかったりする場合があります。

このことで薬の有効性が損なわれることはありませんが、先発医薬品と全く同じ薬ではないということは知っておくべきでしょう。

採用進む本人選択も

このように、有効性が保障され、かつ経済性に優れているジェネリック医薬品は、治療薬の選択肢として価値の高いものとなっており、全国的に採用導入が進められています。

医療生協の事業所でも積極的にジェネリック医薬品を採用しており、その際には品質・有効性・安全性・効能効果などを比較検討しています。

基本的に保険薬局では、ご本人自身がジェネリック医薬品を選択できます。

ジェネリック医薬品について疑問に思うことがあれば、薬剤師におたずねください。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。