倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第208回:知っておきたい栄養のはなしJ
かしこく利用しようコンビニ食材

玉島協同病院 管理栄養士 藤原 一帆

最近のコンビニエンスストアー(以下コンビニ)は、健康に配慮している商品が多くなりました。商品を上手に選ぶコツ≠紹介します。
 コンビニ食材の良い点や、注意すべき点はどのようなものがあるでしょうか。

良い点

@調理ずみ

コンビニ食材の多くは調理ずみです。調理の手間と時間が省けます。そのまま食べられるものや、電子レンジで温めるだけで食べられるものなどがあります。

A種類が豊富

おにぎりやお弁当、パンなどは品ぞろえが豊富です。新商品や期間限定商品も販売されており、飽きることなく選ぶことができます。

Bいつでも購入

24時間営業している店舗がほとんどです。好きなときに買うことができます。

注意すべき点

@塩分が高い

選ぶものにもよりますが、お弁当1食には3c前後の塩分が含まれています。パスタやラーメンには、7cも含まれています。1日当りの食塩摂取目標量は男性8c未満、女性7c未満です。1日にお弁当とラーメンを1食ずつ食べるだけで、塩分のとりすぎになってしまうことがあります。塩分のとりすぎは、高血圧の原因になります。

A添加物を含む

ハムなどの加工食品には、リンなど骨の成長に必要なカルシウムの吸収を妨げる成分を含むことがあります。リンをとりすぎると、動脈硬化のリスクが高くなります。

B高カロリー

お弁当1食当りのカロリーは、600〜800キロカロリーです。1日に必要なカロリーは男性で2200〜2400キロカロリー程度、女性で1400〜2000キロカロリーが目安です。カロリーを取りすぎると、肥満やその他の病気につながりやすくなります。


最近はコンビニが増えたこともあり、年代を問わず利用しやすくなりました。調理の時間がないときや調理が面倒なときなど、コンビニを利用してみてはいかがでしょうか。

商品のパッケージに、栄養成分の表示がされています。塩分やエネルギー(カロリー)などを、しっかり確認することも大切です。

一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。