倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

健康シリーズ HEALTH

第216回:知っておきたい長寿のはなしF
くらしの中でひと工夫 フレイル予防 〜まとめ〜

健康事業部 フレイル予防責任者 守屋 桃子

フレイル予防について、6回にわたって連載してきました。いかがだったでしょうか?

フレイルとは…
 「加齢にともない、筋力や、生理的な機能の低下、社会的要因により、心身ともに活力が低下した状態です」
 それを予防するためのキーワードは、社会参加・運動・栄養の3つです。

班会(※)でフレイル予防

医療生協の班会は、意識していなくても自然とフレイル予防ができています。
 たとえば、水島支部の「元気いきいき班」は週に1回集まって百歳体操をしています。なんと13年続いているそうです。
 初めた頃の参加者は10人ほどでしたが、「楽しく体操ができる」と口コミが広がり、今では20人を超える参加者です。
 この班会の参加者は、「百歳体操を始めてから、身体が元気になった」「毎週、体操を楽しみにしている」「仲間が増えてうれしい」「これからも続けていきたい」などの声があがり、社会参加と運動でフレイル予防ができています。
 皆さんが活動している班会も、フレイル予防ができているかもしれませんね。これからも続けていきましょう。
 まだ班会に参加したことない人も、班会に参加してみませんか?

※班会とは、組合員が3人以上集まって交流する場のことです。

さいごに

介護予防の視点では高齢者本人や、身近にいるご家族がフレイルという状態を知り、介護予防へ移行しやすい危険性があることや、どの状態がフレイルなのかを知っておくことが大切です。
 また、すでにフレイルだと気づいたら、これ以上進行させないための日常的な配慮も必要になります。普段の生活からフレイル予防に取り組んでいきましょう。
 来月からは、お口のフレイルについておはなしします。

イメージ
フレイル知らずの「元気いきいき班」=9月7日撮影
一覧リストに戻る
navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。